豆腐と納豆

イソフラボンで若々しく

私達には、通常性ホルモンと呼ばれる成分が体の中で作られ、様々な作用を及ぼしています。
女性ホルモンは卵巣で生成され、種類としては、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
前者のエストロゲンは別名卵胞ホルモンとも呼ばれ、生理の排卵の準備をする働きをします。

反対にプロゲステロンは、黄体ホルモンと呼ばれ、逆に排卵を抑制する働きをするホルモンです。
男性の身体においても、性ホルモンは存在し、生殖能力をコントロールをしたり、男性らしい体つきに体を構築する働きをします。
男性ホルモンのうち、アンドロゲンは副腎皮質、テストステロンは睾丸において生成されます。

さて、女性ホルモンであるプロゲステロンは妊娠を持続させるはたらきがあり、対してエストロゲンには女性らしい体つきをつくる働きがあるといわれています。
この2つのホルモンは女性の生理周期を整えたり、妊娠しやすい身体にしたりするなどの重要な働きをします。
また、体型を女性らしい丸みのあるものにしたり、肌をきめ細やかに、髪を丈夫に美しく保つ作用を持っています。

さらに自律神経を安定させたり、カルシウムの排出を防いで骨を丈夫にしたり、記憶力を維持したり、さらにダイエットには嬉しい食欲抑制作用も持っています。
これほど様々な働きを担う女性ホルモンですが、実際に女性の身体で分泌されるのは一生文であっても、スプーン1杯程度と非常に微量です。
したがってほんの少しの量の違いにおいても、身体には大きな変化をもたらしてしまうのです。

特に加齢によって極端に減るエストロゲンの代わりに、イソフラボンを取り入れていくことで不足していく女性ホルモンを補充することが可能になります。
イソフラボンは、通常肌に直接吸収されないとされますが、特殊技術で分子構造を小さくし、肌に入りやすくなったイソフラボンを使用した化粧品などの利用により、女性の肌の新陳代謝をよくし、コラーゲン量を増やし、
弾力のある肌をつくる働きがあり、若々しいお肌を外から内から保つためには、イソフラボンは大切な成分といえるでしょう。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.