豆腐と納豆

女性ホルモンにイソフラボン

エストロゲンという物質を知っているでしょうか。
エストロゲンとは、いわゆる女性ホルモンの一種で、卵胞ホルモンという別名でも呼ばれています。
この女性ホルモンは、女性らしい、柔らかくカーヴィーな体つきを作ったり、妊娠、出産に関連する乳腺を発達させたり、月経を管理したりと様々な働きがあります。

つまり、女性にとってはなくてはならない物質であるのです。
しかしこの重要な働きを担う女性ホルモンであるエストロゲンは、個人差はあれど、だいたい女性は40代を過ぎてくると分泌量が減少する傾向にあります。
エストロゲンが減少することにより、ホルモンバランスが崩れることで体調不良を引き起こし、肌トラブルが出来てしまったり、頭痛やイライラに悩まされ、ひどくなれば、そのままうつ病になることもあります。

特に閉経後は、この傾向が極端であることから更年期障害となってしまうのです。
そんな重要なエストロゲンですが、そのエストロゲンと構造が似ていることから似た働きをするとして注目されているのが、主に大豆に多く含まれているイソフラボンなのです。
イソフラボンは植物性のエストロゲンとも呼ばれるくらい、その関係も深いものなのです。

イソフラボンが注目されている理由として、減ってしまったエストロゲンを補充するだけでなく、増えすぎたエストロゲンを減らすというホルモンバランスを整えるはたらきがあるからです。
エストロゲンが増えすぎることでホルモン依存性の乳がんなどのげんいんとなることから、がん予防の効果も期待できるのです。
そのことから、エストロゲンの働きを助け、制御するイソフラボンは、体を整えるためには、とても優秀な食物成分だと言えます。
特に女性にとって大事なものなので、ぜひ日頃から大豆やお豆腐などといった大豆加工食品を食事に取り入れていくことがおすすめです。
もちろん、サプリメント等によって摂取することで大豆が苦手な人でも手軽にイソフラボンを摂取できるのでおすすめです。
イソフラボンはテストステロンの抑制もします。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.