豆腐と納豆

妊娠中や出産時にはイソフラボンの摂取量に注意

イソフラボンを摂取することで、エストロゲンの作用を補充することができます。
そのため、生理不順などにおいては、イソフラボンの摂取は良いとされていますが、妊娠や出産においては少々危険であるとされています。
女性には、プロゲステロンとエストロゲンという2種類の女性ホルモンが存在し、周期的に入れ替わるようにそのバランスが変動することで様々な症状が引き起こされるのです。

生理周期などもこの2つのホルモンバランスが関係しています。
では、妊娠から出産にかけて、女性ホルモンはどういった変化するのでしょうか?
まず、妊娠をすると、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの分泌量が増加します。

これは、赤ちゃんが成長するように子宮内の状態に胎盤を整えるための作用をして、さらに流産などの危険を防いでくれます。
このように、プロゲステロンは妊娠初期において非常に重要な作用を及ぼします。
そしてもうひとつの女性ホルモンであるエストロゲンですが、こちらも妊娠継続のために必要な成分で胎児の成長にあわせ、子宮を大きくさせたり、母乳を作るための乳腺を発達させたりします。

プロゲステロンもエストロゲンも胎盤が一定の大きさに成長するまで胎盤から分泌されるようになるので、基本的にどちらのホルモン量も妊娠末期までは増加し続けます。
このホルモン分泌は出産まで続きますが、女性のホルモンバランスのズレは、抜け毛を増やしたり、シミを発生させたりなどの身体的な影響とともにイライラや不安などの精神的な影響を及ぼしますが、出産後にはきちんと元のバランスに徐々に戻っていきます。
そのため、妊娠出産の期間に外部からイソフラボンを摂取すると、もともと偏っているホルモンバランスをさらに偏らせたり、逆にバランスを一定にしてしまうことで本来の妊娠中の体と違う環境においてしまうので、予想外の事態になる可能性があるので、妊娠、出産に際しては、医師の判断を仰ぐなどしましょう。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.