豆腐と納豆

イソフラボンて何?

イソフラボンは体に良いと聞いたことはあっても、実際にどのような作用があるのかわからない、という人が多いのではないでしょうか?
イソフラボンが最も注目されている要因の一つが、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持つことから、似たような働きをすることからでしょう。
このイソフラボンとは、大豆に含まれるイソフラボン、というふうに覚えている場合が多いように、確かに大豆、正確には大豆の胚芽に特に多く含まれる、フラボノイドという構造を持つ天然由来物質の一種です。

イソフラボンとは化学構造上の群を示すもので、今のところ、種類としてはダイゼイン、ゲニステインをはじめとした15種類の大豆イソフラボンの存在が確認されています。
ほかにも、葛の根などにも含まれていることで知られています。
味噌汁や豆腐などを代表として、日本特有の食事中では、大豆というのは、国民食として根付いています。

そして、いま欧米などの研究機関においては、日本人の長寿、そして加齢とともに発生率の上がる骨粗鬆症や更年期障害、さらに乳がん等の発生率の低さの秘密は、大豆イソフラボンだとして着目され、研究されているほどの成分なのです。
骨粗鬆症性や更年期障害は、実は、ホルモンバランスの乱れにより発生する病です。
骨粗鬆症は特に閉経後の女性に多い病気ですが、この原因とされているのが、閉経後に起こりやすい女性ホルモンであるエストロゲンの不足です。

通常人間は女性でも男性でも、いわゆる性ホルモンを両方備えていて、そのバランスを保つことできちんと体を機能させることができるのですが、その中でもエストロゲンには、骨から溶け出すカルシウム量を抑え、骨の密度を保護するという役目を担っています。
エストロゲンと似た構造を持つイソフラボンは、不足したエストロゲンの代わりにこの骨を保護する働きを行い、骨粗鬆症性の予防http://www.black2007.jp/eiyoubunn.htmlをしてくれるというのです。
このように、イソフラボンとは、このエストロゲンの代わりをすることで様々な嬉しい働きをしてくれるありがたい成分、というわけなのです。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.