豆腐と納豆

イソフラボンで更年期障害改善

更年期障害、というと、加齢によって起きる症状だと思われていることもありますが、具体的に言えば、ホルモンの分泌が加齢などによって減少することによって起きる体の異常なのです。
このホルモンの減少は、特に女性ではその傾向が極端で、50歳前後で閉経をした人が、卵巣機能が低下することで、エストロゲンやエストラジオールなどの女性ホルモンが減ってしまうことにより引き起こされています。
閉経という具体的なきっかけがあることで更年期障害は女性特有のものだと考えることもありますが、実際にはわかりにくいだけであって、男性にもあります。

ホルモンバランスの崩れによって、動悸や血圧異常、さらに腰痛や微熱、頭痛などの症状が見られます。
最初の方は風邪と似た症状であることから、更年期障害だと自覚できない人も多いそうです。
症状としては、精神的なものもあり、具体的には気分が落ち込む、イライラするなど、気分的なものもあるようです。

ただし、症状の内容・程度については、人によってさまざまで、ごくごく軽度の人もあれば、治療法を必要とする重い人までさまざまです。
そのため、軽い更年期障害であれば、結局自分が更年期障害だと自覚していない人も多くいるのです。
しかし、更年期障害だと気づいてしまうことで、年を感じたり、なにかと症状が更年期障害の一つなのではないかと気にしだすと、余計に落ち込んで症状が悪化してしまう可能性があります。

このような症状を緩和するためには、医療施設での治療も可能ですが、日頃からイソフラボンを食生活に取り入れることで、これらの症状の緩和が期待されます。
大豆に最も含まれるイソフラボンは、大豆の胚芽と呼ばれる部分に多く含まれており、その構造から、女性ホルモンのような作用を及ぼすフラボノイドです。
その作用は、更年期障害の原因となっている女性ホルモンの代わりとして活躍するため、更年期障害の様々な症状を予防する効果が期待されるとされているのです。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.