豆腐と納豆

イソフラボンで血中アルコール濃度を下げて二日酔い防止

年取ってきて、以前なかった悪酔いに悩まされている・・・なんてことはありませんか?
この悪酔いの原因とも言われているものの一つが、その分解を行う肝機能の低下です。
通常私達が酒を飲むと、アルコールは胃で20%、腸で80%が吸収されます。

お酒は水溶性なので、これら吸収されたアルコールは血液に入り、肝臓に送られます。
血管に入ったアルコールは即座に肝臓に運ばれ、分解が始まります。
血液はほとんど時間をかけずに約1分程度で全身をめぐり、そのうちの約1/4が肝臓で処理されるのです。

この時血液中のアルコールも一緒に肝臓に運ばれ、肝臓にてアルコールが代謝され、酢酸になります。
賛成された酢酸はさらに分解され、最終的には無毒の水と二酸化炭素になり、体の外に排出されるのです。
このアルコール代謝工程の詳細情報を見てみると、アルコールはまず、ADHという略称で呼ばれるアルコール脱水素酵素の作用でアセトアルデヒドに変換されます。

次に、アセトアルデヒドはALDH、つまりアルデヒド脱水素酵素の活躍で酢酸に分解されていきます。
この酢酸はアセチルCoA合成酵素などの酵素の働きなどを受けて水と二酸化炭素に分解されて、アルコール代謝は完了します。
さて、悪酔いとなるのは、この代謝工程でできるアセトアルデヒドが原因です。

このアセトアルデヒドは、毒性の強い物質として知られていて、もし血液中におけるその濃度が高くなりすぎれば、症状としては赤面や吐き気、頭痛や脈拍数の上昇などを引き起こし、結果的に悪酔いの状態になります。
肝臓の機能の一つにエネルギーの産生というものがあり、その結果、有害な活性酸素を大量に生産してしまいます。
そのため、日常的なストレスや加齢などが原因で肝機能の低下が見られますが、これは、イソフラボンの効果で肝機能を促進させ、悪酔いの防止に役立てられるとされています。
これは臨床試験においても実証されていて、お酒の席では、冷奴や枝豆を常備することで悪酔い防止効果が期待できるということなのです。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.