豆腐と納豆

イソフラボンの過剰摂取には注意

植物性エストロゲンとも呼ばれ、天然由来であることや、従来から日本人の国民食に含まれているということからイソフラボンはもともとは摂取上限量というものは決められていなかったのですが、イソフラボンの健康ブームの襲来によって、過剰摂取による健康問題が浮上してきました。
日本の食品安全委員会は、大豆イソフラボンを過剰摂取が結果として乳がんを引き起こす可能性を示していて、例として、過剰摂取によってホルモンバランスが崩れ、そのため、胃腸の調子が悪くなるなどの現象が引き起こされる可能性がある、という旨の発表を行なっています。
その結果、大豆イソフラボンの1日あたりの摂取量の目安として、配糖体ではない大豆イソフラボンアグリコンとしての目安量は70mg〜75mgと記されています。

また、特定保健用食品として食品にサプリなどで上乗せする場合は、30mg、と安全な摂取量の上限値を設定しています。
上限は設定しつつも、イソフラボンは、もともと豆腐や豆乳、そして納豆といった日本人のよく食べる食品にも多く含まれているため、それほど問題になるような副作用報告などはされていないようです。
しかし、男性となると非常に面倒な問題を発起してしまう可能性があります。

具体的な症状としてある代表的な例が、精子数の減少、です。
女性にとっては、エストロゲンの働きが減ってしまうとホルモンバランスが男性よりに傾いてしまい、問題となるので、イソフラボンの摂取は非常に有効ですが、もし男性がイソフラボンを過剰摂取してしまえば、逆に女性ホルモンの量が過多になり、バランスが偏ってしまいます。
こうなると、女性的な体質が表に出てしまい、結果的に精子数が減少してしまうというのです。
しかし、この症状もあくまでも研究段階にあるものでしかありません。
そのため、過剰摂取をせず、適切な用法容量でイソフラボンを摂取していれば、アレルギーの可能性を除けば、基本的に問題はないでしょう。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.