豆腐と納豆

肌からイソフラボンを摂取

イソフラボンは大豆の胚芽部分に含まれるポリフェノールの一つである、フラボノイドと呼ばれる構造を持つ天然由来の成分の一種で、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと非常に似た構造を持っていることがしられています。
そのため、エストロゲンと似ている女性ホルモン様作用があり、主な作用としては、カルシウム流出を防ぐことから骨の密度の維持、骨粗鬆症予防ができます。
また、エストロゲンの分泌が加齢とともに減少することで引き起こされる更年期障害の症状を緩和したり、乳ガンや前立腺ガンなどに代表されるホルモン依存性のがんの発生を防いだり、動脈硬化を初めとした様々な生活習慣病の防にも活躍するのです。

そして、エストロゲンが女性らしい美しい肌や髪の毛の生成にも関係していることから、様々な健康食品以外でも、肌から直接取り入れられる化粧品などに応用されているのです。
さて、これらの化粧品に配合されているイソフラボンは、アグリコン型、つまり非配糖体のものです。
通常、納豆などのように発酵といった特殊製造過程を経ていなければ、大豆の中のイソフラボンはグリコシド、糖のついた配糖体という形で存在しています。

この配糖体が体内にて吸収される時には、胃では消化されず、腸まで行き、腸内細菌が持つ酵素で糖を切り離すことで初めて吸収することが可能になります。
この糖が切り離されたものを、アグリコン型、つまりゲニンというのです。
大豆イソフラボンの生理活性は、このアグリコンにあるものだと考えられています。

しかし、ここでヒッツの疑問が生まれます。
はたして、本当に肌からイソフラボンは吸収できるのでしょうか。
もし吸収できるのであれば、豆乳を顔につけても良いということになってしまいます。

実はイソフラボンは、化粧品に配合されているばあいは、肌専用に開発されたものである場合がほとんどです。
つまり、アグリコン型になっていて、活性化された状態であるのです。
また、最近では技術が進むことでナノカプセルなどにいれることができるようになり、さらに肌への浸透率を高められています。
イソフラボンに限らず、ナノ化されているほうが角質層へと浸透しやすいのです。
お肌のためにイソフラボン配合化粧水なんてどうでしょう?

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.