豆腐と納豆

イソフラボンがガンのリスクを下げる

アジア諸国の人間において、乳がんの発生率が欧米国に比べて低いことは以前からわかっていたことで、最近では、大豆イソフラボンが乳ガン、前立腺ガン、大腸ガンなどを予防するのではないかという研究結果が出ています。
多くの疫学的調査、そして動物発ガン実験の研究において、大豆に含まれる、ゲニステインという種類のイソフラボンが、乳ガンや前立腺ガン、そして腸ガンの発生を予防するのに有効な効果があると報告されています。
さて、イソフラボンは、以前ならば大豆のえぐ味を出してしまう問題物質として知られていましたが、研究が進められる中で体に有用性のある抗酸化作用、そして抗がん効果を示すことがわかったことから、食品業界のみではなく、医療業界でも注目される成分となりました。

この大豆イソフラボンには、エストロゲンという女性ホルモンに似た構造を持つことから、その働きも似ており、エストロゲンの主な作用である、骨からカルシウムが溶け出すことを抑え、特に女性に多い骨粗鬆症を予防したり、生活習慣病の原因ともなるコレステロール降下効果や高血圧予防などの作用もあります。
大豆イソフラボンには、がん化した細胞の増殖を行うのに必要となる種々の細胞内タンパク質に働きかけ、結果として抗がん効果を示すと研究結果から報告されています。
がん組織が増殖するためには、自分の周りに毛細血管を作り、酸素や栄養成分といったものを吸収しなければなりません。

しかし、大豆イソフラボンにはこの新生毛細血管の増殖を防ぐ阻害作用も報告されています。
さらに、イソフラボンにはがん予防の効果だけでなく、出来てしまった後の治療予後改善する効果が見出されています。
大豆製品の摂取量があるとがん治療後の生存期間が良いということも報告されています。
さらに女性に嬉しい美肌作用などがあることから、日々の健康とともに、将来のがん予防のための対策として、日頃からイソフラボンを食生活に取り込んでいくことがお勧めです。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.