豆腐と納豆

イソフラボンで動脈硬化予防

日本人における主な死因の原因となっているもので、心疾患というものをご存知でしょうか?
がんによって人が亡くなる印象が強いことから心疾患が上位にランクインすることが不思議な人もいるかもしれませんが、心疾患とは、狭心症や心筋梗塞、さらに脳血管疾患と呼ばれている脳梗塞や脳出血なども含んだ総称であることから、充分死因としては高い順位に入ることが納得行くかと思います。
さて、これらの心疾患の原因とされているのが動脈硬化なのです。

この動脈硬化とは、動脈内にコレステロールや中性脂肪などが壁などに張り付いてたまっていって、詰まったり、硬くなったりすることで血管の本来持つ弾力性や柔軟性を失ってしまった状態をいい、結果として、体中に酸素や栄養分を運ぶ血液をスムーズに送れなくなります。
無理やり血液を通そうとすることで高血圧になってしまい、その結果、動脈に過度な負担をかけてしまい、血管がボロボロになってしまいます。
この結果、死因として多い心疾患の原因を創りだしてしまうのです。

そのため、動脈硬化に対する正しい知識を得ることで、日頃から一番手軽な食事面から動脈硬化を予防することが重要なのです。
さて、動脈硬化の特徴の一つに、コレステロール値が高い、ということがあります。
しかし、コレステロールとは、全部が全部悪いというのではなく、血液中に存在するコレステロールのうち、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが過剰に増加してしまうからです。

善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールは、この悪玉を減らす作用があるのですが、脂っこい食事や運動不足によって悪玉コレステロールが増えすぎると、善玉コレステロールがすべて処理できないほどになってしまいます。
その時におすすめなのが、イソフラボンです。
イソフラボンは、悪玉を減らし、善玉を増やす、という治療においては理想的な効果があると認められています。
さらに、血圧を低くする効果もあり、高血圧にも有効であることから、健康維持にイソフラボンの摂取をおすすめします。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.