豆腐と納豆

カプサイシンと同時摂取でIGF-1増加

イソフラボンは、様々な成分と一緒に摂取することで相乗効果が得られますが、その中でも、イソフラボンはカプサイシンを一緒に摂ることで、発毛効果が期待できるとされています。
この作用の最も重要な鍵となるのが、IGF-1という物質です。
IGF−1とは、体内に存在する物資で、皮膚や骨、さらには筋肉、内臓、神経、そして唾液など、言ってしまえばどこにでも存在している、アミノ酸の結合体なのです。

IGF−1は、認知症、うつ病といった精神的な病から、糖尿病、高血圧等の現代の生活習慣病に対する抵抗力があるとともに、免疫力の向上、そして肌のアンチエイジングなどの効果があります。
そしてさらに、発毛にも効果を及ぼす、ともされているのです。
IGF−1は、頭皮のアンチエイジング、そしてヘアサイクルの正常化によって、発毛だけではなく、丈夫な髪の毛を維持し、抜け毛予防を行う働きがあるのです。

IGF−1は、毛母細胞を活発化する発毛因子として働くことから発毛効果を期待することが出来ます。
特に、男性の悩みの種となりやすい男性型脱毛症などは、毛の生産工場である毛母細胞が委縮してしまうため、IGF―1が毛母細胞を刺激することで、発毛を促します。
ただし、このありがたい物質は、加齢と共に、減少していきます。

そのため、加齢とともに、抜け毛や薄毛といった髪の悩みに悩まされる人が増えていきます。
このIGH−1を頭皮で増加させるために、イソフラボン、そしてカプサイシンの同時摂取が必要になります。
この二つの成分がそれぞれ胃、そして皮膚を刺戟することにより、IGF−Iが増加することが科学的にわかっています。
普段口にする食品を摂取することによって、このIGF-Iが増加しますので、安心して、育毛、そして発毛を期待することが出来るのです。
この2つが最も効率的に含まれているレシピとしては、麻婆豆腐、チゲ鍋等が挙げられますが、様々な食材に豆腐やカプサイシンの多い唐辛子が含まれる食品は多いので、意識的にこれらを食べるようにすると良いかもしれません。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.