豆腐と納豆

イソフラボンでバストアップ

みなさんはエストロゲン様作用を持つイソフラボンによってバストアップが期待できるということを知っているでしょうか?
さて、エストロゲン様作用というだけあって、エストロゲンによって胸が大きくなるということが考えられます。
エストロゲンとは卵胞ホルモンとも呼ばれています。

この卵胞ホルモンは、胸を大きくしたりするほか、女性らしい美肌にしたり、正常な月経の周期に関連したり、安全な妊娠や出産にも関連してくる大切なエストロゲンなのです。
そんな大切なエストロゲンですが、分泌量がどれくらいあるかご存でしょうか。
エストロゲンの分泌量は、もちろん女性によっても個人差があるのですが、おおよそスプーン2杯が一生通しての分泌量だと言われます。

それでも逆に考えれば、一生分にたった2杯分しか分泌されないエストロゲンがこれほど様々な機能に関わっているのです。
少量ながらのその機能性の高さには眼を見張るものがあります。
さて、そんなエストロゲンの機能の一つ、バストアップについてですが、実際にはどのような工程で胸が大きくなるのでしょうか。

そもそも、胸というものの機能とは、防御機能なのです。
つまり、胸は、脂肪で守られている状態にあるのです。
乳房では、赤ちゃんを育てるために分泌されるおっぱいを出すために必要になる乳腺を守るために、脂肪細胞が乳腺を守り、包み込むように構成されています。

そのため、いわゆる胸が大きいということは、この脂肪細胞という組織が多いということなのです。
この乳腺を保護する役割をもつ脂肪細胞は、乳腺が発達することによって増えるとされています。
つまり、バストアップするためには、まずは乳腺を発達させることが必要だということなのです。

そして、その胸を大きくするためのポイントが、エストロゲン作用、もしくはエストロゲン様作用を持つイソフラボンだということなのです。
乳腺の発達に不可欠なのが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンです。
このエストロゲンには、胸の乳腺細胞の増殖を促進させる働きがあるというのです。

生理前になると、急に胸が張ってくるという人は多いのではないでしょうか。
それは、エストロゲンの分泌量が排卵の前にピークをむかえるからなのです。
そのため、バストアップを目指すならばイソフラボンの摂取がおすすめなのです。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.