豆腐と納豆

青魚と組み合わせて悪玉コレステロールを減らす

最近では、成人病と呼ばれてきた様々な病気が若い年代でも発言していて、生活習慣病と呼ばれるようになりました。
これらの病の原因の一つとしてあげられるのが、悪玉コレステロールです。
そのため、この悪玉コレステロール値を下げる事ができるイソフラボンや青魚に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(工イコサペンタエン酸)が着目されているのです。

青魚に含まれるDHAやEPAには、血液中の悪玉コレステロール、そして中性脂肪を減らし、血管を綺麗にすることで、血液をサラサラにする効果が、期待されます。
ただし、ここで注意しなければならないのは、コレステロールには、細胞膜を作り出し、筋肉を構成する役割や、ホルモンの原材料、そして栄養分の分解を行い、栄養を吸収するための胆汁酸の原材料という働きがあります。
さらに悪玉コレステロールは、このような役割を持つコレステロールを体全体に送り、供給する役割をしているので、悪玉、というのは少々違うと思われますが、増加しすぎるとその名の通り悪玉となって血管に溜まり、動脈硬化を進行させてしまうのです。

このきっかけを作るのが、中性脂肪の増えすぎです。
すなわち、本当に人間の健康にとって悪いのは、増えすぎた悪玉コレステロール、つまり酸化LDLコレステロールなのです。
この酸化LDLコレステロールを減らすために推奨されるのが、イソフラボンやDHA、EPAなのです。

特にイソフラボンは、肝臓に働きかけて、肝臓における中性脂肪のリポタンパク型のVLDLの合成を抑制し、結果的に酸化型LDLコレステロールを減らしてくれるのです。
しかも、肝臓が行う、血液中に余ってしまったLDLコレステロールをとり込み、処理を行うのを助けるという作用もあります。
さらに良いことに悪玉コレステロールの過剰生成を防いでくれる善玉のHDLコレステロールをふやすという働きがあるのです。
イソフラボンは活性酸素を消去し、肝機能を促進することからも動脈硬化予防に役立てます。
健康のため、青魚とイソフラボンを組み合わせて食生活に取り込むことがお勧めです。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.